【アウトプット】アナトミカルプレーンズとは

どうも、たすくです。

アウトプット記事です。

今日はアナトミカルプレーンズ(アナトミカル・ポジション)について。
アナトミカル:解剖の、解剖(学)上の
プレーンズ:そのまま、明白な

で、アナトミカル・ポジションは解剖学的肢位、つまり体にとって最も負担のない姿勢のことです。

このことから、アナトミカルプレーンズは解剖学的にノーマルな状態を目指そうってことですね。
つまり、体の歪みなんかを戻して、体にとって負担のない姿勢を作ろうってことです。

で、そのためには3つの面を理解する必要があります。

それが、矢状面(サジタル)・前額面(フロンタル)・水平面(トランバース)です。
これは解剖学において基本も基本、基礎中の基礎です。

矢状面(サジタル)

矢状面は前後の動きです。
つまり屈曲と伸展ですね。

屈曲

屈曲は「曲げる動作」のことです。

例えば、肘を曲げることを「肘の屈曲」、膝を曲げることを「膝の屈曲」って言います。

伸展

伸展は屈曲とは逆で、「伸ばす動作」のことです。

肘を伸ばすことを「肘の伸展」、膝を伸ばす動作を「膝の伸展」って言います。

この動画とか見ると理解しやすいと思います。

前額面(フロンタル)

前額面は左右の動きです。
内転、外転、側屈って言ったりします。

内転

内転は難しく言うと、腕とか足を体の中心に近づける動作のことを言います。
気をつけの状態から、右手を左手側に持ってくることを「肩関節の内転」、右足を左足側に持ってくることを「股関節の内転」って言います。

外転

外転は、その全く逆ですね。
気をつけの状態から、腕を横から上に持ってくる動作を「肩関節の外転」、足を横に振り上げる動作を「股関節の外転」って言います。

この動画が非常にわかりやすいですね。

側屈

で、側屈は上半身で起こります。

体とか首を、横に曲げる動作ですね。
体を左右に曲げることを、「脊柱の側屈」って言います。

これですね。

水平面(トランバース)

最後に水平面ですが、水平面はその名の通り水平の動きです。
内旋、外旋、回旋って言ったりします。

内旋

字を見ればわかると思いますけど、回転の動作です。
例えば、腕を内側にひねったり、足を内側にひねったりする動作のことですね。

外旋

で、これは全くの逆で、外側にひねる動作です。
腕とか足を外側にひねる動作のことです。

この動画の動作です。

回旋

 

また何かあれば追記します。