「体に良いもの」を食べるんじゃなくて「体に悪いもの」を避けろ

どうもパリピです。

 

今日は超大事な考え方をお伝えしたいと思います。

 

いざ健康を気にし始めたり、ダイエットやボディメイクを始めると、どうしても「体に良いもの」を積極的に食べようとします。

その気持ちはひっじょーによくわかるんですけど、ちょっと考え方が違うんですよね。

気持ちはまじでわかります。

僕もそうでした。

 

体に良いものを食べよう。とりえず添加物避けなきゃ。

 

みたいな感じで。

 

正直言うと、体に良いものを食べ続けるなんて無理です。

今やどんなものにも添加物は入ってるし、少し外食に行けばもう栄養の管理なんてできません。

添加物を避けるなんて不可能なんですよ。

 

本当に、肉とか野菜とかお米をなんの味付けもなしで食べるくらいしか無理です。

味付けするなら塩胡椒くらいです。

 

でも、それで生きていけると思います?

無理ですよね。

気合いでなんとかなったとしても、人生の幸福度で言えばかなり下がります。

 

食は人に大きな幸福を与えてくれます。

まじで、適当に飯食ってる人はかなり人生の幸福度は低いですよ。

食は大切にしたほうがいいです、ほんとに。

 

で、食に幸福を求めるのであれば、避けて通れないのが外食です。

自分へのご褒美にちょっといいレストランに行ったり、友人たちと楽しい飲み会の席、大切な人のお祝いなど、外食する機会はたくさんあると思います。

もちろん母親の料理や奥さんの手料理など、外食をしなくても食で幸福を得ることはできますが、それでも外食の機会はゼロではないです。

 

で、外食をするとその時点で少なくとも「体に良いもの」はクリアできないです。

もちろん、お店によっては気を使っているところもあるかもしれませんが、そんなのわからないじゃないですか。

外食をする時点で、もう管理ができないんですよね。

「お肉と生野菜とお米で。味付けはなしでお願いします。」なんてオーダーをしたら出禁くらいますよ。

それなら自分で作れってなります。

 

若干話がずれた気がしますが、とにかく体に良いものを食べ続けるのは不可能ってことです。

 

じゃあどうするのか?

これが本題です。

もうタイトルで答え言っちゃってますが、「体に悪いものを避ける」って意識を持つだけで十分です。

 

悪いものをなるべく避けるようにする。

これだけで十分健康になれますし、ボディメイクもダイエットも簡単です。

で、悪いものって何かと言うと、もうファストフードとコンビニしかないんですよね。

 

コンビニのお弁当やホットスナック、お菓子やジュース・・・

マクドナルドやケンタッキー、牛丼などなど。

 

これらを避けるだけで十分です。

ファミレスはまだよしとしましょう。

コンビニやファストフードに比べたら全然マシです。

 

この考え方って当たり前じゃんって思うかもしれませんが、超重要なことなんですよ。

いざ健康を気にし始めたり、ダイエットやボディメイク始めると、極端な考え方になる人めっちゃいるんですよ。

なんで0か100かなの・・・

ってくらい、極端になります。

 

これは健康に対する一番基本で簡単な考え方です。

 

高校受験とか大学受験したことある人は多いと思うんですけど、受験でも一緒じゃないですか。

得意な教科を伸ばすより、苦手な教科を克服したほうが成績は伸びますよね。

それと一緒で、無理に大きなプラスを築くよりも、マイナスを少しでも減らした方が楽だし、一気に良い状態まで持ってけます。

 

なので、ぜひこの考え方は身につけておいてほしいなと思います。

 

いやマジで、一週間だけでもいいんでコンビニとファストフードを絶ってみてください。

世界変わりますよ。

これで世界変わらなかったら連絡ください。

 

別の方法を一緒に考えます。

 

それでは!