noteはこちら Twitterはこちら

まごわやさしいダイエットはいいと思う。やっぱ和食って最強ですわ。

食事

どうも、たすく(@tasuku_highspec)です。

和食ってやっぱ最強だよね。

ウェイくん
ウェイくん

いつも思うけど、始まりが唐突すぎる

たすく
たすく

ロマンスは突然に

いやー、まごわやさしいについて記事書いてくうちに和食愛が爆発して思わず叫ぶところでした。

実は僕、この「まごわやさしいダイエット」をけっこう推してたりしてます。
まぁ、ただ単に日々の生活に「まごわやさしい」を取り入れるだけなんだけど・・・

ただ、これを意識するだけで一気に食生活の質が変わります。

たすく
たすく

この記事は僕が「まごわやさしい」について熱く語っていくだけの記事です。

ではいこう。



「まごわやさしい」とは?

そもそも「まごわやさしい」って知ってる?

ウェイくん
ウェイくん

おじいちゃんおばあちゃんには優しくしなきゃだめだよ。

たすく
たすく

つまんねーなこいつ・・・

「まごわやさしい」は、低カロリーかつ高栄養な食材の頭文字をとったものです。

いわゆる高N/Cレート食品ってやつですね。

高N/Cレート食品とは

高N/Cレート食品は、カロリーが低いにも関わらず栄養がたくさんある食品のことです。

C:カロリー(タンパク質・糖質・脂質)に対してN:ニュートリション(ビタミン・ミネラル)が高い比率で入ってるもののことを言います。

んで、その代表が「まごわやさしい」ってわけです。

✔️ま⇒豆製品(味噌、納豆、豆腐、大豆など)
✔️ご⇒ゴマなどの種子類(ゴマ、ナッツ、アーモンドなど)
✔️わ⇒わかめなどの海藻類(わかめ、ひじき、昆布など)
✔️や⇒野菜(主に緑黄色野菜をおすすめする)
✔️さ⇒魚(青魚は特にオメガ3が豊富だよ)
✔️し⇒しいたけなどのキノコ類(しいたけ、舞茸、エリンギなど)
✔️い⇒いも類(さといも、さつまいも、山芋など)

これが「まごわやさしい」の大体の概要です。

まごわやさしいダイエットとは?

ウェイくん
ウェイくん

で、こいつらでどうやってダイエットすんの?

たすく
たすく

「まごわやさしい」を食生活に取り入れて健康的に痩せてくって感じかな

張り切って「まごわやさしいダイエット!」とは言ったものの、正直これらを食生活に取り入れても、食べ過ぎれば太ります。
「摂取カロリー<消費カロリー=痩せる」って絶対不変の天と地がひっくり返っても覆しようのない事実が存在する限り、いくら「まごわやさしい」を生活に取り入れても太ります。絶対に。

「まごはやさしいダイエット」は、食生活に「まごわやさしい」を取り入れつつ、カロリー管理をして健康的に痩せていきましょうねってことです。

で、無事に痩せられたあとはその食生活を継続して、太らないようにかつ健康的な生活を送っていくことで、初めてダイエットが成功になります。

リバウンドしたら意味ないですからね。

ダイエットの語源から考えると、ダイエットの本当の意味は食事改善。
太らない健康的な食生活を当たり前にできるようになることが本当のダイエットだと僕は考えてます。

ちょい話がズレましたが、「まごわやさしいダイエット」は痩せる目的じゃなくて、「健康的に痩せるひとつのコツ」として捉えてもらえればなと思います。

まごわやさしいダイエットの効果

まごわやさしいダイエットのメインの効果は代謝をサポートしてくれることです。

さっきも言いましたが、高N/Cレート食品は「カロリーに対してビタミン・ミネラルの比率が高い食品」のことです。

代謝にはビタミンとミネラルは必要不可欠。
つまり、「まごわやさしい」を取り入れることでビタミン・ミネラル不足を防いで代謝をサポートしてあげようってことですね。

厳密に言うと、それぞれ特に豊富な栄養素とかあるんですけど、基本的に「まごわやさしい」を意識的に取り入れられれば栄養不足はあんまないと思うので、ここでは割愛します。



おすすめは「ま」「ご」「さ」

ウェイくん
ウェイくん

まごわやさしいダイエットがいいのはわかったけど、いきなり全部取り入れるのって正直厳しいよねー。

たすく
たすく

まぁそうなるから、まずは取り入れやすいやつからでいいと思うよ。

正直、「は?いきなりそんなん取り入れられたら誰も苦労しねぇわ世の中からデブ消えんだろこのカス」とか思う人も出てくると思います。

そりゃそうですよね。そんないきなりできるなんて僕も思ってないです。
僕もいきなり「全部取り入れろ!」とか言われても「は、無理に決まってんだろ頭にうんこでも詰まってんのか」って思います。

なので、まずは「まごはやさしい」の中でも比較的取り入れやすいものから取り入れてもらえればなと思います。
僕がおすすめするのは「ま」と「ご」と「さ」の3つです。
これらは結構取り入れやすいかなーと思うので、ぜひ意識して取り入れてみてください。

「ま(豆類)」は主に大豆食品。
味噌でもいいし、納豆とか豆腐とか、色々あります。

まずは朝・昼・夜のどこかで大豆食品を一品取り入れるところからスタート。
理想は三食全部に取り入れられることなんで、慣れてきたらチャレンジしてみましょ。
特に納豆とか味噌とかは発酵食品なんで、腸内環境を整えてくれる超優秀な食材。

ぜひ試してみてほしいです。

「ご(種子類)」はアーモンドとかクルミとかのナッツ系ですね。

僕はこの種子類はおやつにおすすめしてます。
もしあなたがおやつ食べないですーって言うのであれば、これはスルーしてOKです。

正直、種子類は栄養は豊富なんですけど脂質が高いんで、カロリーオーバーしやすいです。
まぁナッツに含まれてる脂質は不飽和脂肪酸なんで身体にはいいんですけど、どうしても口に何か入れたい時におすすめって感じですね。

で、アーモンドとかクルミとかのナッツ類は今やコンビニでも簡単に買えます。
僕はよくお昼食べたあとにコンビニでミックスナッツ買っておやつとして食べることもあります。

ミックスナッツにすると色んなナッツが入ってるんで飽きもなくておすすめです。

「さ(魚)」も簡単に取り入れられます。魚食えばいいだけですからね。

定食屋さんに行ったら魚定食を食べればいいだけですし、コンビニでサバ缶とかも普通に買えます。
サバ缶ひとつあればご飯のおかずにもなるし、美味いし栄養豊富なんで最強です。

味噌煮でも水煮でもどっちでもいいと思うので、ぜひ取り入れてみてほしいです。

結論:味噌汁が最強

ここで僕はひとつの考えが浮かぶわけです。

たすく
たすく

味噌汁って最強なんじゃね?

ウェイくん
ウェイくん

ここまでの内容見てると、味噌汁って最強なんじゃね?

そう、味噌汁って最強なんじゃないですかと僕は声を大にして言いたい。

味噌汁って最強なんじゃないですか!?

味噌汁は味噌を使ってる時点で「ま」が入ってます。
そこに具材として「わ(海藻類)」だったり「し(キノコ類)」とか「い(芋類)」も取り入れることができます。

それにプラスして紹介した納豆とか魚とか取り入れられれば、もう文句なしですよ。

ウェイくん
ウェイくん

特に豚汁とか具沢山だし最高じゃんね。

たすく
たすく

ちなみに僕はきのこ類が苦手です。

「まごわやさしい」をこんなに簡単に取り入れられる料理はなかなかないと思います、まじで。

具だくさんの味噌汁、美味いし栄養満点だし最強。
そんで、冒頭に僕が「和食が最強」って言ったのもこれが関係してます。

味噌汁をはじめ、和食は「まごわやさしい」を圧倒的に取り入れやすいです。

洋食とかだとどうしても糖質とかがメインになっちゃいますからね。パスタとか。
あんまりカスタマイズもできない。

和食、最強ですよ。

日本に生まれてよかったなぁとつくづく思います。
こんなにダイエットに適した国はないですよ、ほんとに。

まぁ、そもそも太らないでほしいですけど・・・笑

ただひとつの注意点:「まごわやさしい」をメインにするのはNG

ウェイくん
ウェイくん

こんだけゴリ押ししといてそれかよ!

あんまり「まごわやさしい」を意識しすぎて三大栄養素がおろそかになったらそれは本末転倒です。

そもそも「まごわやさしい」は代謝をサポートするために摂るものです。
その主役となる三大栄養素がなかったら、思うような効果は得られないです。(魚は別ですけどね。)

だから、あくまでもメインは三大栄養素で、「まごわやさしい」は補佐として考えてもらえればなと。

特に、色の薄い野菜でカサ増しするのはあんまおすすめしません。
緑黄色野菜ならいいですけど、レタスとかキャベツとかはめちゃくちゃ栄養豊富!ってわけじゃないです。

栄養摂ってるつもりでも、実は栄養不足になってましたーなんてことも無きにしも非ず。

野菜を食べることは良いことですけど、それだけで食事を終わらすのは極力控えていきましょ。

最後に

最後に、簡単にこの記事をまとめて終わりたいと思います。

本記事のまとめ

✔️まごわやさしいを取り入れて代謝をサポート
✔️取り入れやすいのは「ま(豆類)」と「ご(種子類)」と「さ(魚類)」
✔️味噌汁を上手に使おう

こんな感じですね。

まごはやさしいを取り入れれば健康的に痩せられるかつ、食生活の質はマジでグンと上がります。
これを上手に使って痩せて、その食生活を当たり前にできればまぁリバウンドはないかなと思うので、そこまでいってやっとダイエット成功です。

長い道のりって思いそうですけど、意外とできます。笑

まずは一ヶ月でいいんで、「ま」と「ご」と「さ」を中心に取り入れてみましょ!

それでは!



コメント

タイトルとURLをコピーしました