fbpx
noteはこちら Twitterはこちら

大腿四頭筋の機能解剖学!起始・停止・作用とワンポイントを解説

どうも、たすく(@tasuku_highspec)です。

今回は大腿四頭筋の機能解剖学について解説していこうと思います。

大腿四頭筋はその名の通り、四つの筋肉で構成されてますが、大腿四頭筋を一つの筋肉としてカウントすると、人体の中で一番でっかい筋肉になります(単体で見ると最大の筋肉は大臀筋です)。

で、大腿骨、つまり太ももの4分の2の前ももと外ももを覆ってるのが大腿四頭筋です。
詳しく言うと、大腿骨の裏がハムストリングス、内側が内転筋群、前側と外側が大腿四頭筋って感じですね。
これらからみても、めちゃくちゃデカい筋肉ってことをお分かりいただけたと思います。

女性が足を太くしたくないって避けがちになるのもこの大腿四頭筋です。
まぁ膝の動きに関与するめちゃくちゃ大事な筋肉ではありますが、女性にトレーニングをする際は要注意な筋肉ですね。

今回はこの大腿四頭筋について詳しくみていこうと思います。

ではいこう。



大腿四頭筋は四つの筋肉で構成される

大腿四頭筋はその名の通り、四つの筋肉で構成されます。

大腿四頭筋を構成する四つの筋肉

大腿直筋、中間広筋、外側広筋、内側広筋

この四筋ですね。広筋ばっかり。
これらを簡単に説明していきます。

大腿直筋

起始:下前腸骨棘(AIIS)
停止:脛骨粗面
作用:股関節の屈曲、膝関節の伸展
神経支配:大腿神経

大腿四頭筋の中で、股関節を跨いでるのは大腿直筋のみです。
大腿直筋のみ骨盤に付着してるので、股関節の動きに関与する二関節筋です。

他の三筋は膝関節の動きにしか関与しません。

なので、レッグエクステンションのような膝の動きしか動かさないようなトレーニングだと、大腿四頭筋の全ての筋肉を使うには使いますが、大腿直筋の近位(股関節側)は鍛えられないってことです。

つまり、ランジやスプリットスクワットなど、股関節の関与もあるトレーニングだと大腿直筋の近位部もしっかり鍛えられるってわけです。

あとは骨盤前傾の作用もあります。

これはまた別記事にて大腿直筋を詳しく説明していきます。

中間広筋

起始:大腿骨前面
停止:脛骨粗面
作用:膝関節の伸展
神経支配:大腿神経

詳しいことはまた別記事で解説していきます。

外側広筋

起始:大転子遠位部
停止:脛骨粗面
作用:膝関節の伸展
神経支配:大腿神経

詳しいことはまた別記事で解説していきます。

内側広筋

起始:大腿骨粗線内側唇
停止:脛骨粗面
作用:膝関節の伸展
神経支配:大腿神経

これもまた詳しいことは別記事で解説していきます。

大腿直筋以外は全部、大腿骨から脛骨に向かって付着してます。
神経支配は全筋肉が大腿神経です。
大腿神経は大腿四頭筋を覆うように走ってます。

まぁこれが大腿四頭筋を支配するのは納得だなって感じです。笑

大腿四頭筋の作用

大腿四頭筋の作用としては股関節の屈曲と膝関節の伸展です。
股関節の屈曲に関しては大腿直筋しか関与しないんで、大腿四頭筋の作用と言っていいのかはわかんないですけど・・・

まぁメインの作用は膝関節の伸展ってところですかね。

多くのスポーツでは高いジャンプ力が必要とされます。

野球の外野手、サッカーのヘディング、バスケやバレーなどなど。
日常でもジャンプする機会はたまにあると思います。

大腿四頭筋は膝を伸展させる筋肉なので、ジャンプ力に大きく関係してきますし、ジャンプ力に優れた人はこの筋肉が発達してます。

また、大腿四頭筋はランニング中に方向転換するときにスピードを減速させる働きもします。
ブレーキ筋なんて言ったりもしますね。
まぁ、ジャンプして着地するときなんかに身体を止めることでもわかりますよね。

ストップをかけるときや減速するときに生じる大腿四頭筋の収縮様式はエキセントリックです。
大腿四頭筋のエキセントリック収縮がスポーツの動きの減速をコントロールしてます。

この膝関節伸展の動作は日常生活でも使われますよね。
歩くときや階段登るときとか椅子から立ち上がる時とか。

こんな感じでスポーツや日常生活のパフォーマンスにも関わってくるんで、大腿四頭筋はめちゃくちゃ大事な筋肉ですよってことを言いたかったです。

で、大腿四頭筋が拘縮すると、シンスプリントやジャンパー膝、オスグットなど膝の前面に不調が現れます。



内側広筋と伏在神経の関わり

内側広筋の近くには伏在神経っていう神経が通ってます。
股関節あたりから脛骨まで伸びてる長い神経なんですけど、この神経が膝の内側の痛みとかにも関わってきます。

で、この内側広筋はこの伏在神経を覆ってるとかじゃないんですけど、めちゃくちゃ近くにあります。
具体的に言うと、内側広筋と薄筋と大内転筋で伏在神経を囲うようになってるので、薄筋とか内側広筋が拘縮して伏在神経を圧迫する可能性があるので、そうすると膝の内側とかに痛みが出てきます。

なので、膝の内側が痛いですーって人には薄筋とか内側広筋をリリースしてみるのも、ひとつ手なんじゃないかなと思います。

大腿四頭筋と他の筋肉との繋がり

大腿四頭筋が硬くなると、体幹を伸展させる動きがしづらくなる。

大腿四頭筋(の中の大腿直筋)は骨盤を前傾させるので、骨盤が前傾すると腰を反る動きは出づらくなりますよね。

大腿四頭筋のトレーニング

近位を鍛えたいとなったら股関節の屈曲が入るトレーニングをすればいいので、例えばスプリットスクワットとかですかね。
遠位を鍛えたい場合は膝の関与を大きくすればいいので、レッグエクステンションとかが代表的です。

あと、内側と外側をピンポイントで鍛える方法もあるにはあるんですけど、個人的には大腿四頭筋に関しては内側と外側の鍛え分けはしなくていいかなと思ってます。

基本的にスクワットで大腿四頭筋は全体的に鍛えられますし、内側と外側の鍛え分けをするとガニ股とか内股で動作をすることになるんで、自ら代償動作を作り出してる感じになるんですよね。

それであれば、スクワットで全体的に鍛えた方がより日常の動作に近い動きなので、効果的かなと思ってます。

大腿四頭筋に関してはこのくらいですかね。

大腿四頭筋は足が太くなることから嫌われがちな筋肉ですが、日常生活においてはめちゃくちゃ大事な筋肉です。
発達しやすいところなんで、めちゃくちゃピンポイントで鍛えることは少ない筋肉かもしれないですけど、弱いとそれはそれで問題なんで、必要なクライアントにはしっかりトレーニングを処方していきましょう。

まだまだこれから新しい知識とか入ってきたら、さらにアップデートしていこうと思います。

それでは!



コメント

タイトルとURLをコピーしました