noteはこちら Twitterはこちら

「自分を操る超集中力」を読んだ感想とレビューとウィルパワー!!

どうも、たすく(@tasuku_highspec)です。

僕は自分が魅力的になるために、QOLを爆上げするためにいろんな本を読んでるんですけど、今回はこの本を読んだのでアウトプットを兼ねて感想とレビューを書きたいと思います。

この本、名前いいですよね。超集中力。

なんかもうちょいかっこよくできなかったかなって思いますけど、中二病の僕はこういう名前が大好きです。
どんだけ超なことが書いてあるのかと、超楽しみです。

あ、ちなみに、タイトルでは「読んだ」って書いてありますけど、実際には「聴き」ました。

Amazonが提供してるオーディブルってやつです。

オーディブルに関しては以下の記事にまとめてるんで、ぜひ読んでみてください。
読書が苦手な人には革命的なサービスです。

[keni-linkcard url=”https://tasukumanagement.com/audible-1638.html”]

オーディブルの登録はこちらです。

「自分を操る超集中力」の内容

この本では、いかに集中力を鍛えて自分のやるべきことをこなしていくかってことにフォーカスしてます。

なんで、集中力を鍛える方法だったり、集中力を長く保つ方法だったり、時間の使い方だったりが書いてあります。

この中でも、僕が特に印象に残ったことを今回の記事ではお話しようかなと。

集中力の源はウィルパワー

あなたが集中するためのエネルギーの源になるのが、脳の前頭葉で思考や感情をコントロールするウィルパワーです。

一気に胡散臭くなりますね、これ。

なんかの宗教っぽい。ミスターマリックさんとか崇められてそう。

で、自分を操る超集中力では、このウィルパワーの総量を増やし、いかに節約するかで集中できる時間が長くなるかどうかが決まるって言ってます。

ドラクエやったことあります?ドラクエ。
ドラクエのMPみたいなもんですね。
イオナズン!!とかギガスラッシュ!!とか、魔法を使えば使うほど減り、休めれば回復する。
レベルアップすればMPの総量も増えますよね。

ウィルパワーもこのMPみたいに、使えば使うほど減って、休めれば回復します。
鍛えれば総量を増やすこともできる。

そう、僕ら人間は勇者なんです!!!

[char no=”1″ char=”パリピ”](・・・こいつヤベェな。)[/char]

[char no=”2″ char=”たすく”]さぁ、修行の時間だ。集中力を鍛えよう。[/char]

ウィルパワーを節約して集中力を高める

[char no=”1″ char=”パリピ”]ウィルパワーを節約するとは???[/char]

[char no=”2″ char=”たすく”]無駄な消費をするなってことだよ。[/char]

ウィルパワーは集中してるときだけじゃなくて、日々の意志決定でも消費されます。

「今日はどの服着ようかな」
「何時に食器を洗おうかな」
「今日は何を食べようかな」

こんな感じで、何かを決定するだけでウィルパワーはどんどん消費されます。
「自分を操る超集中力」では、日々の無駄な意志決定を減らして、ウィルパワーを節約することを推奨してます。

例えば洋服。
アップルの創業者であるビルゲイツは、毎日の服選びを仕組み化して迷わないようにしてたそうです。
同じ服を7着買って、服選びというひとつの選択を排除しました。

これは全然マネできますよね。

サラリーマンであれば、だいたい2〜3着くらいスーツ持ってますよね。
そのどのスーツにも合うネクタイとシャツを買えば、迷うことはなくなります。
だって、どれ選んでも正解ですから。

僕もこれは本を読み終わった瞬間に実践して、冬はコート2着、パンツ2着、ニットを3着、インナーを3着用意しました。
これで洗濯も間に合うし、毎日同じ服って感覚はないし、迷う必要もなくなります。

さすがにデートとか特別な日は別の服を選びますけど、仕事に行く時はずっとこれでローテーションです。
これはかなり手応えがあったんで、これからも実践していきます。

ウィルパワーの無駄な消費をなくすための環境づくり

人間は古代から、注意散漫な生き物です。
人間ってより、生き物全部そうですね。

野生の動物は、何かひとつに集中してると生き残れないです。
危険を察知して逃げるために、集中しないようにメカニズムされてます。

野生動物だけじゃなくて人間も同じで、古来から集中することはなく、注意散漫で生きてきました。
これは現代になっても変わらず、基本的にはいろんなものに対して意識がいきます。

けど、逆を言えば意識がいくものがなければひとつに集中するしかないです。

何が言いたいかって言うと、目的に合った部屋を作ろうねってことです。

[char no=”1″ char=”パリピ”]勉強するなら勉強部屋ってこと?[/char]

[char no=”2″ char=”たすく”]たまに理解が早いよね。[/char]

例えば、リビングってなんのためにありますか?
きっと、リラックスするためですよね。
ソファーに座ってテレビを見ながらリラックス。

きっとあなたもこんな感じだと思います。

つまり、リラックスするために作られたリビングで集中するなんて無理なんですよ。
だって勉強するために作られた部屋じゃないから。

寝室もそうです。
寝るために作られた部屋で、机を置いて勉強なんてできないっすよね。
そんなとこで出る集中力はうんこレベルですよ。

集中したいなら、集中するための部屋を作る。
机と椅子、ペンとノートしかないような部屋を作りましょう。

[char no=”1″ char=”パリピ”]でもおれん家、ワンルームだから全部一緒の部屋だ・・・[/char]

そう、もちろんそうなりますよね。

一人で2LDKに住むなんてまぁ無理な話です。
金持ちのボンボンしか無理ですよ。
僕みたいな底辺のうんこ野郎には到底無理です。

なんで、常に部屋を綺麗に保ちましょう。

部屋が散らかってるから、注意散漫になります。
部屋を綺麗にして、モノが散らかってない環境を作れば、ある程度の集中力は発揮できます。

あとは、気が散るモノを近くに置かないこと。

漫画とかゲームとかスマホとか、気が散りやすいものは全部どっかに投げ捨てましょう。
アウトオブ眼中。

おすすめなのが「自分を操る超集中力」でも紹介されてた「とりあえずボックス」です。

集中したいときは、周辺にある気が散りやすいものを全部とりあえずボックスにぶち込む。
スマホも電源を切ってダンクシュートです。

これはかなり使えます。

僕も実践してみたんですけど、まぁ効果的!
胡散臭い通販番組みたいですが、素晴らしいですよ。

やることないんで、集中するしかないです。

百均で買ったボックスがこんなに便利なんて、百円ってすごいですね。

こんな感じで、意識があちこちにいかないように、環境づくりは意識していきましょう。

ウィルパワーを回復させる方法

[char no=”1″ char=”パリピ”]そう言えば、ウィルパワーって回復できるんだよね?[/char]

[char no=”2″ char=”たすく”]そう、僕らは勇者だからね![/char]

ウィルパワーを回復させるには色々と方法がありますが、一番はやっぱり睡眠ですね。
RPGとかでも、宿に行って寝ればHPとMPが回復するじゃないすか。

それと一緒で、寝ればウィルパワーは回復します。

睡眠時間は7時間とれ

もうこれはズーーーーーーーっと言われてることです。

わかります。気持ちはわかります。
睡眠時間を削ってでも頑張りたいときはあります。

でも、睡眠時間を削ってもいいことないんですよ。

世の中のどんな成功してる経営者も、ショートスリーパーでない限り7時間は寝てます。
睡眠不足は脳が酔っ払ってる状態。ヨッパッピーです。

酔っ払ってるときに集中できます?
5000億万%無理っす。

睡眠時間を削るより、いかに日中に高いパフォーマンスを出すかを考えましょう。

しっかり休んでウィルパワーを回復させる。
これが一番。

早起き+瞑想で無双しよう

7時間睡眠に加えて、早起き+瞑想できるともう最強です。
アルテマウェポンをゲットしたFFXの主人公ティーダになれます。

朝は早起きすればするほど、誰にも邪魔されない自分だけの時間を作ることができます。

家族、友人、同僚などなど・・・
言い方は悪いですが、あなたの集中を途切れさせる要因はゴマンとありますよね。

朝の早い時間は誰にも邪魔されない、超貴重な時間。
加えて、しっかり寝ることで脳が回復してスッキリした状態なんで、インプットにはこれほど向いてる状況はないですよ。

早起きにプラスして瞑想ができると完璧。

瞑想はバカにされがちですけど、瞑想の効果は脳科学でしっかりと証明されてて、集中力を高めてくれます。

こうなってくると、もはや集中できない方がおかしい。

これは僕の今後の実行案に決定です。
まずは早起きを習慣化して、次に瞑想を習慣化していこうと思います。

パワーナップでウィルパワーを回復

睡眠でウィルパワーを回復させることを話ましたが、パワーナップでもウィルパワーは回復できます。

パワーナップ、つまり積極的仮眠です。

[char no=”1″ char=”パリピ”]積極的・・・。「寝ちゃう」んじゃなくて「寝る」ってこと?[/char]

[char no=”2″ char=”たすく”]今日頭いいじゃん、どした?[/char]

パワーナップは15〜20分の仮眠のことです。
Google、Apple、Microsoftなどなど、世界的な企業ではすでに取り入れられてます。

日本の企業でも、取り入れてるところはちらほら見かけますね。

20分の仮眠は夜の睡眠の3倍の効果があります。
脳がかなりスッキリすると同時にウィルパワーも回復するんで、かなりおすすめです。

これも、今後の生活の中で取り入れていくつもりです。

自分を操る超集中力を読んだ感想とレビュー

うん、かなり良書だと思いました。

集中力に関しての解説はもちろん、何よりも実行案がめちゃくちゃ豊富。
ウィルパワーを鍛える方法とか、ウィルパワーを節約する方法とか、たくさんの実行案があります。

ただ、多すぎて全部やるのは無理です。

紹介されてる実行案を全部やれれば、異次元レベルの集中力がゲットできると思います。
精神と時の部屋くらいの感覚で時間がゲットできると思います。

でも、一気に多くのことを意識するのは無理だし、それこそ本書で語ってる「選択肢を削る」ことができなくて結局高い集中力はゲットできんですよ。
だから、とりあえずやれそうなものだけやればいいかなと。

僕は今回アウトプットした瞑想と早起き(睡眠時間の確保)、パワーナップは実践してみることにします。
服選びの排除ととりあえずボックスは今後も継続は決定です。

でもこれも一気にやるわけじゃなくて、まずは早起きの習慣を身につけようかなと。
早起きを3ヶ月間意識して、そこから瞑想とかを取り入れて行こうと思います。

人間、3ヶ月継続できたものは習慣化しやすいです。
3ヶ月続けたものを急にやめるのは逆に難しいです。

まずは3ヶ月、早起き頑張る。

僕はこんなやり方で進めて見ようと思います。

集中力に関しては、QOLにダイレクトに繋がるんで、徹底的に極めていきたいと思います。
もっとたくさん本を読もう。

集中力を高める最初に一歩としてはかなりいい本だと思うんで、集中力を極めたい人はぜひ読んでみてください。

最初にも言いましたが、僕はこの本は読んだんじゃなくて聴きました。オーディブルで。
オーディブルに関しては以下の記事で詳しく魅力とかを解説してるんで、読んでみてください。

[keni-linkcard url=”https://tasukumanagement.com/audible-1638.html”]

以上、「自分を操る超集中力」の感想とレビューでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました